BILSTEIN(ビルシュタイン) B6 4600 ショックアブソーバ

パジェロ
04 /16 2017
38万キロ走っているパジェロの足回りがくたびれてきたので、リフレッシュしました。

現在のサスペンションは、走行5万キロ以下の時に交換した、ラリーアート製ローダウンサスペンションキット。
純正のサスが驚くほど柔くて、軽くブレーキを踏んだだけでもノーズダイブが酷く、コントロール性が良くなかったため、やむを得ず、スプリングとコイルの一式を交換したという事情です。
_20170213_202504 1

このラリーアート製のサスペンションに変えると、乗り心地はスポーツカーの如く、ガタガタ、ユッサユッサと、賑やかになります。
はっきり言って硬すぎて、時々乗せた祖父から苦情が出るほどでした。笑
そんなわけで、30万キロ以上使ってきたラリーアート製ショックですが、最近、ブッシュのガタが大きくなり、突き上げ感も増してきたので、そろそろ限界と判断しました。

続きを読む

スポンサーサイト

コストコのシェブロンモーターオイル10W-40復活

サバーバン
02 /26 2017
キャブレター調整の沼にはまっているサバーバン。

年末から調子が悪くなり、症状は濃すぎ。
アイドリングから少しアクセルを踏めば、ボボボとストールしかけるし、冬の雨天時はエンジンが始動できないほど濃い。
調整中に、2km/Lという高燃費をたたき出したこともあり、確実に何かがおかしい。

その後、何度もキャブを開けては調整と修理を繰り返し、なんとか実用レベルに入ってきたのが今日。
それでも、少しアクセルを踏めば黒煙が出るし、そのくせトルクが細くて乗りにくい。キャブの調整としては最悪。

でも、同一の修理にはまり続けていると嫌になってくるので、この状態で少し距離を走って、様子見ることにしました。
行先はコストコ!

コストコ店内を歩いていると、表題のシェブロン製モーターオイル(エンジンオイル)の10W-40と20W-50が復活していました。
記憶では少なくても1年以上前から、5W-30のみのラインナップとなっており、サバーバンには粘度が低すぎるので、適用できませんでした。
ちょうど家の在庫も尽きていたので、いいタイミングでした♪
価格は、12qtで5,480円(税込) 以前は2~3千円で売っていたので、少し高くなってきております。
DSC_4558.jpg

サバーバンのオイルは年1回交換なので、1箱で3年ほど耐えることができます。

KURE ドライファストルブで乗り心地改善

サバーバン
02 /19 2017
38万km近く走っている、父所有のパジェロのサスペンションは、2万kmの頃に交換した、ラリーアート製スポーツサスペンション。
バネレート30%アップ、車高4cmダウン、ショックはガチガチの単筒式という、快適とは言い難い乗り心地になり、早36万km。

まだまだショックも抜けていないのですが、ブッシュ類がヘタってきたので、ついでにショックも交換することにしました。

ネットで調べていると、ビルシュタインのB6が良さそうなのですが、その最中に偶然、面白い情報を見つけました。
それは、KUREのドライファストルブをショックのシャフトに塗布すると、乗り心地が良くなるというもの。
検索すると、定番のチューニングのようで、かなりの記事がヒットしました。

ドライファストルブはキャブレターの潤滑用に持っていたため、早速試してみることにしました。

続きを読む

ロードレーサーのレストア【3:完成】

自転車
09 /22 2016
時間が開いてしまいましたが、ロードレーサーのレストアの続きです。
この時は真夏だったので、暑くて、組み立てのステージを室内に移動しました。

タイヤのクイックリリースを紛失してしまったので新品を買いました。
(買った後に元の部品が出てきましたが、錆が凄くて再生を断念。)
DSC_4091.jpg

ペダルのクランクと、ペダル側のスプロケットです。
スチールウールのたわしで磨くと綺麗になりました。
DSC_4103.jpg

続きを読む

品質管理の話

雑記
09 /19 2016
最近、ガッカリする話が3度続いたので、紹介します。
特にバッシングしたいわけではないので、店名などは控えます。

先日、インテリアショップでオシャレな家具を買ったところ、普通の家具屋さんとは異なり、商品がメーカーから直送され、開梱や設置は客が担うという最近ありがちなシステムだと説明を受けました。
その3日後、家具が到着し開梱するのですが、重量物なので二人がかり。
状態をチェックしていると、4本あるうちの脚が1本折れているのを発見。箱は無傷でした。

購入店に伝えると、代わりの品を送るので、梱包して待っててくれとのこと。
指示通り梱包し、数日後、代わりの品が届き、不良品は回収されていきました。

続きを読む

Miya

1972年のクラシックサバーバンが足車という環境で、日々修復に追われるカーライフの側面。

住処:関西

性別:男

趣味:何でも。

特技:機械、電気、電子機器整備、修理、工作,アイロンがけ


こんな人物です。よろしくお願いします。


サバーバン修理の本編サイト↓
1972 C20 Suburban Revival Report

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。